ワキガ対策のためにはどんな食べ物を選べばいいの?

ワキガ対策になる食べ物ってどんなものがあるの?

人間の汗腺には、エクリン腺とアポクリン腺の2種類がありますが、ワキガは腋にあるアポクリン腺から出る汗が原因になって発生します。
アポクリン腺から分泌される汗そのものは無臭ですが、皮脂腺から分泌される皮脂やエクリン腺から出る汗と混ざり、皮膚や腋毛に存在する細菌によって分解されることによってワキガを発する物質に変化します。

 

このようにワキガは、体内から出る汗が原因で起こることなので、食べ物の取り方でワキガの強さも変わってきます。
ワキガが強くなる食べ物には、動物性の脂質・タンパク質、タマネギやラッキョウ、ニンニクなど、それにジャンクフード類などがあります。

 

それに対して、ワキガ対策になる食べ物をあげていきます。
ウメボシやお酢などクエン酸を含む食べ物は汗臭さの原因となる乳酸を分解するので、ワキガや体臭を少なくします。

 

次にお茶です。
特に緑茶は、カテキンやフラボノイドなどのポリフェノール類を豊富に含みます。
カテキンは、体内でニオイの元となる物質が作られるのを防ぎ、フラボノイドにはニオイを中和する消臭効果があります。
また抗菌、抗酸化効果があるため細菌の繁殖を防止します。

 

メカブや昆布、モズク、ヒジキなどの海藻には、アルギン酸やフコイダンという食物繊維が豊富に含まれています。
これらの食物繊維は、腸の中でニオイ物質や脂質をからめとり一緒に体外に排出されるという働きを持っています。
特にお勧めなのが海藻の酢の物です。
食物繊維とクエン酸が同時に摂取できるので効果が高まります。

 

体の酸化を防ぐビタミンと食物繊維を豊富に含む緑黄色野菜もワキガ対策になる食べ物です。
ビタミンのうち特に、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEが酸化を防ぐビタミンになります。
カボチャ、サツマイモ、ピーマン、ブロッコリー、キャベツ、キノコ類などがあげられます。

 

このようにワキガ対策になる食べ物を中心に食事を組み立てることで、ワキガを抑えることができますが、例えば肉類を全く食べてはいけないということではありません。
無理や食事制限をするのではなく、バランスのよい食事をとることとその中にここで取り上げたような食べ物を取り入れていくことが大切です。

 

 

クリアンテの効果や口コミを見てみる